Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 ブースト型核分裂弾開発の可能性=韓国国防部高官

記事一覧 2015.12.21 20:41

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のイ・サンチョル軍備統制団長は21日、北韓研究学会が主催した学術会議に出席し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が水素爆弾の保有に言及したのは国内向けの宣伝との見方を示した。その上で、北朝鮮がすでに原爆から水素爆弾に向かう中間段階にある「ブースト型核分裂弾」(強化原爆)を開発した可能性が高いと指摘した。

 イ氏は小型で高威力のブースト型核分裂弾の登場はさらなる脅威であると強調した。

 また、北朝鮮の核兵器開発・保有に対する戦略路線などから、「さらなる核実験を行う可能性は今なお残っている」とした上で、「いつでも核実験を実行できるように(北東部の)豊渓里の核実験場を準備した状態で維持しており、新しい坑道の掘削作業を進めている」と説明した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金第1書記が平壌の「平川革命事績地」を視察した際、「わが祖国は国の自主権と民族の尊厳を固く守る自衛の核弾、水素弾(水素爆弾)の巨大な爆音をとどろかせることのできる強大な核保有国になれた」と述べたと伝えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。