Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者への支援金 大幅引き上げ=韓国政府

記事一覧 2015.12.22 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の女性家族部と企画財政部は22日、旧日本軍の慰安婦被害者に支給する生活安定支援金を現在の月額104万3000ウォン(約10万7000円)から、来年は21%多い126万ウォンに引き上げると明らかにした。看病費は今年の75万7000ウォンから39.4%増の105万5000ウォンとなる。

 女性家族部の関係者は「生存者のほとんどが高齢で経済的に厳しい状況にあることを考慮し、生活安定支援金を大幅に増やした」と述べた。同部は4300万ウォンの住居安定特別支援金や治療事業支援金なども支給している。

 韓国政府認定の慰安婦被害者のうち、生存者は46人。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。