Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題 安倍首相が「心からのおわびと反省」表明

記事一覧 2015.12.28 16:30

【ソウル聯合ニュース】日本の安倍晋三首相は28日、旧日本軍の慰安婦問題について心からのおわびと反省の意を表した。

 岸田文雄外相は同日午後、ソウルで行われた尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官との会談で慰安婦問題の妥結に合意した後、共同記者会見で「安倍内閣総理大臣は、日本国の内閣総理大臣としてあたらめて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からのおわびと反省の気持ちを表明する」と伝えた。

 また、「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と述べ、日本政府の責任を認めた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。