Go to Contents Go to Navigation

朴大統領「日本の措置履行が最も重要」 両国関係の再出発期待

記事一覧 2015.12.28 17:43

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は28日、青瓦台(大統領府)で岸田文雄外相と面会し、旧日本軍の慰安婦問題が妥結したことについて、「今回の合意を通じ、慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し心の傷を癒すためには、日本側の措置が迅速に合意に基づいて誠実に履行されることが最も重要だ」と述べた。

 朴大統領は「交渉の結果が両国に意味深く受け止められることを期待する」と表明。「11月2日、(安倍晋三首相との)首脳会談で合意した通り、国交正常化50周年の年を越さないうちに双方が努力して合意に達し、さらに意味が大きいと思う」と述べた。その上で、「交渉結果が誠実に履行され、韓日関係が新しい出発点で再スタートすることを望む」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。