Go to Contents Go to Navigation

元慰安婦支援の財団 来年前半にも発足へ=韓国が準備着手

記事一覧 2015.12.29 10:45

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意で、元慰安婦の被害者の支援を目的に財団設立が決まったことを受け、韓国政府が本格的に準備に入ったもようだ。

 韓国政府筋は29日、外交部と女性家族部が財団設立に向け実務協議を行ったと伝えた。来年前半の発足を目指す。両国は被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒すための事業を実施する。医療サービスや健康管理、療養、介護などの支援も行われる見通しだ。

 ただ、被害者の名誉と尊厳の回復に向けた活動をめぐり両国間で摩擦が生じる可能性を指摘する声もある。

 韓国と日本は28日の外相会談で、韓国政府が設立した財団に日本政府の予算で10億円程度の資金を拠出することで合意した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。