Go to Contents Go to Navigation

謝罪・反省に反する日本の行為は合意違反に該当=韓国当局者

記事一覧 2015.12.29 20:37

【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局者は29日、旧日本軍の慰安婦問題の解決に向けた韓日の合意に関連し、「日本側が謝罪と反省、責任痛感に反する行為を行った場合は合意違反になる」との見解を示した。また、慰安婦問題の不可逆的な解決は「相互的なものだ」と述べた。

 同当局者の発言は、安倍晋三首相と日本政府が表明した慰安婦問題に対する謝罪、反省、責任の痛感に反する行為があった場合は、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されないと見なすという意味に解釈される。

 韓日外相が記者会見で発表した合意事項の効力については「両国の外相が国民の前で言及した内容は何よりも効力が強力だと思う」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。