Go to Contents Go to Navigation

韓国国民の66.3% 少女像移転に「反対」=世論調査

記事一覧 2015.12.30 11:19

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本が慰安婦問題で最終的な解決に向け合意したことを受け、ソウルの日本大使館前に設置された被害女性を象徴する少女像の移転問題が注目を集める中、韓国国民の多くが移転に反対しているという調査結果が30日発表された。

 韓国の世論調査会社リアルメーターは、少女像の移転に対する意見を尋ねたところ、回答者の66.3%が「反対」と答えたと明らかにした。これは「賛成」(19.3%)の3倍以上の数値だ。調査は29日に成人535人を対象に実施された。

 地域別では大田、忠清北道、忠清南道、世宗、首都圏で「反対」が70%を超えた。一方、大邱・慶尚北道では「反対」が49.5%だった。

 世代別では「反対」が、20代は86.8%、30代は76.8%、40代は68.8%、50代は59.9%、60代は45.1%と、若い世代ほど反対する意見が多かった。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。