Go to Contents Go to Navigation

韓国当局者「成功段階でない」 北朝鮮SLBM発射実験

記事一覧 2016.01.06 12:47

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が昨年12月に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行ったことが6日、分かった。韓国政府関係者が明らかにした。

 この政府関係者は、「北が先月にSLBM発射実験を実施したようだ」としながら、「成功段階までは至っていないとみられる」と伝えた。

 また、北朝鮮はSLBMの発射実験を続けていると説明した。

 これに先立ち、米国の政治・軍事専門サイト「ワシントン・フリー・ビーコン」は5日(現地時間)、米国防関係者らの発言を引用し北朝鮮が昨年12月21日に東海の新浦港近くでSLBM発射実験を行い成功したと報じた。

 米国防関係者は同サイトに対し「北が核ミサイルを搭載した潜水艦を実戦配備するにはあと1年はかかる」と話した。

 だが、韓国政府関係者は北朝鮮のSLBM実戦配備には「相当な時間がかかる」と説明している。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」もこの日発表した報告書で、先月21日前後に北朝鮮がSLBM発射実験を行った様子を衛星写真が捉えたと明らかにした。

 北朝鮮は昨年11月28日にも東海でSLBM発射実験を実施した。

 当時、発射の際に分離されるミサイルの保護カバーの破片が海に浮いていることが確認されたが、ミサイルが飛んだ形跡は確認されず、失敗に終わったと分析された。

 北朝鮮が昨年11月に続き同12月にもSLBM発射実験を行ったのは、北朝鮮のSLBM能力が日増しに高まっていることを示していると言える。

 韓国国防部は昨年末、北朝鮮が2016年もSLBM発射実験を含むミサイル発射を続けると予想した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。