Go to Contents Go to Navigation

水爆ではない可能性 核実験の爆発規模小さく=韓国当局

記事一覧 2016.01.06 15:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が6日、水爆実験に成功したと発表したことについて、韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は「北は水素爆弾としているが、(地震の規模の)測定から、そう(水爆)でない可能性がある」との見方を示した。国会情報委員会の与党セヌリ党幹事を務める李チョル雨(イ・チョルウ)議員が同院から受けた報告を記者団に伝えた。

 李氏によると、国情院は3回目の核実験(2013年2月)の爆発規模は7.9キロトン、地震波はマグニチュード(M)4.9だったが、今回は6.0キロトン、M4.8となり、前回を下回ったと説明。水爆は爆発規模が数百キロトンに上り、失敗しても数十キロトンになると報告したという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。