Go to Contents Go to Navigation

韓国政府が元慰安婦を個別訪問 日本との合意を説明

記事一覧 2016.01.12 10:38

韓国政府が元慰安婦を個別訪問 日本との合意を説明

「水曜集会」 24周年に
国立外交院 慰安婦合意でセミナー開催

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍慰安婦問題の韓日合意をめぐり韓国の慰安婦被害者や市民団体の反発が続くなか、韓国政府が被害者と個別に接触していることが12日、分かった。

 政府当局者によると、外交部関係者は支援団体の施設ではなく別に暮らしている慰安婦被害者を訪ね、韓日合意の内容などを説明している。

慰安婦支援団体を批判

 政府は韓日合意翌日の昨年12月29日、外交部第1次官を市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の施設に、同部第2次官をソウル郊外の施設「ナヌムの家」にそれぞれ送り、合意について説明させた。政府関係者は「これまでに外交部の第1次官と第2次官が団体を訪問しており、今度は個々に暮らしている方々にも説明しようとするもの」と話す。

慰安婦合意の撤回要求広がる

 これに対し支援団体の一部からは、被害者の分裂を図るものだと反発する声も上がっているようだ。

「少女像」移転に反対 座り込み続ける

 別の政府当局者は「個別に暮らしている方々についても、本人の希望があればそうした活動(訪問など)をしている。今後もこうした努力を続ける」と強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。