Go to Contents Go to Navigation

韓国KT 阿蘇ファームランドと提携=農業団地造成へ

記事一覧 2016.01.18 10:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の通信大手KTは18日、熊本県にあるレジャー施設「阿蘇ファームランド」と、ICT(情報通信技術)を活用した大規模スマート農場(スマートファーム)テーマ団地事業開発に向け、業務協約を締結した。

 KTは同施設で住宅地や宿泊施設、体験施設から成るテーマ団地の造成を推進する。

 KTは自社開発した温室統合管制、温室運営管理、栽培支援システムなどのスマートファームソリューションを同施設に提供する。同施設はテーマパークのコンテンツ、運営ノウハウなどをKTに提供する。

 テーマ団地には農業を希望する人が入居し農場を運営できる。体験施設では観光客向けの農産物直売所を運営し、収益につなげることも可能だ。

 KTは今後、韓国の流通企業と協力し、スマートファームで生産した農産物の販売を支援する計画だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。