Go to Contents Go to Navigation

九九が書かれた百済時代の木簡 韓国で見つかる

記事一覧 2016.01.18 14:38

【ソウル聯合ニュース】九九が書かれた百済時代の木簡が韓国中西部で見つかった。

 韓国文化財財団は18日、百済時代の泗泚城跡がある忠清南道扶余郡の農業施設新築用地での遺跡発掘調査で出土した木簡のうち1点で九九の一部が確認されたことを明らかにした。

 この木簡は長さ30.1センチ、幅5.5センチ、厚さ1.4センチで刀の形をしており、百済時代の6~7世紀のものと推定される。表に「三四十二」などの九九がうっすらとした墨文字で書かれている。

 財団側は「鮮明に記されてはいないため、詳しいことはさらに精密な検査が必要だ」と話している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。