Go to Contents Go to Navigation

台湾の旗振ったアイドル謝罪 韓国で波紋広がる「屈辱的」

記事一覧 2016.01.18 16:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手芸能事務所、JYPエンターテインメント所属のガールズグループ「TWICE」の台湾出身メンバー周子瑜さん(16)が韓国のテレビ番組で台湾(中華民国)の「国旗」を振り謝罪したことが波紋を広げている。 

 周さんが台湾の旗を振ったのは昨年11月に出演した番組でだった。本番では放送されなかったものの、インターネットに旗を振る場面が流れ、中国から「台湾の独立勢力をあおる」と批判が巻き起こった。

 事態を重くみたJYP側は今月13日に「16歳の未成年者であるため、政治的な考えを持ったわけではない」と釈明し、「TWICE」の中国での活動を中断すると発表。15日には周さんとJYP側が謝罪した。

 韓国国内では中国に対するJYPの「低姿勢」を批判する声が広がっている。インターネット上には「中国での活動や収益などを考慮した屈辱的な謝罪」「中国に魂を売った」「16歳の少女に謝罪文を読ませた所属事務所を許せない」などといった批判が飛び交っている。

 17日にはJYPのホームページがサイバー攻撃を受け、接続できない事態も発生した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。