Go to Contents Go to Navigation

昨年の対日輸出の割合 初めて全体の5%未満に=韓国

記事一覧 2016.01.20 08:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の輸出のうち日本向けの輸出が占める割合が初めて5%を切った。

 韓国貿易協会は20日までに、韓国の昨年の日本向け輸出額を256億ドル(約3兆120億円)と集計した。前年に比べ20.5%急減し、輸出全体に占める割合も4.9%に低下した。

 対日輸出の割合が5%を下回るのは、1969年以降で初めて。日本への輸出額は1969年に1億ドルを超え、1973年は12億ドルと全体の38.5%を占め最大の輸出先となった。1988年には100億ドルを突破した。

 しかし、2002年以降は全体の10%以下にとどまる。特に2012年からは4年連続で輸出額が減少した。中国向け輸出が急増している上、最近は円安が続くため。輸出先別の順位でも日本は2014年の3位から昨年は初めて5位に落ちた。

 その一方で日本からの輸入額は大幅増加し、韓国の昨年の対日貿易は203億ドルの赤字を記録した。貿易先別では最大の赤字。

 貿易協会の担当者は「対日輸出の減少は円安の影響が最も大きい」と指摘した。円安により、日本で韓国製品が値上がりした。また、中国など新興国が安価でも比較的品質の高い製品で日本市場を攻略していることも韓国製品のシェアを押し下げたという。

 昨年、韓国の輸出は中国向けが全体の26.0%(1371億ドル)、米国向けが13.3%(698億ドル)をそれぞれ占めた。次いで、香港が5.8%(304億ドル)、ベトナムが5.3%(278億ドル)と、日本を抜いた。貿易黒字は対中国が469億ドルと最も大きかった。

 韓国の輸出を主要品目別にみると、半導体が全体の11.9%にあたる629億ドルで、自動車が458億ドル、船舶海洋構造物・部品が401億ドルだった。輸入は原油が全体の12.6%の551億ドルで、半導体が383億ドル、天然ガスが188億ドルと続いた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。