Go to Contents Go to Navigation

韓国の外国人労働者7人がISに加担=韓国情報機関

記事一覧 2016.01.20 10:52

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関の国家情報院が20日、2010年以降に韓国で働いていた外国人労働者7人が韓国出国後に過激派組織「イスラム国」(IS)に加担したと報告した。テロ対策に関する政府・与党協議会での報告内容を与党セヌリ党議員が明らかにした。

 国家情報院はまた、2010年以降、ISなど国際テロ組織に関与したと把握される外国人51人を追放したことも報告した。国家情報院は昨年11月に、2010年以降に国際テロ組織に関連した48人を追放したと発表していた。それから約2カ月で新たに3人の外国人を強制退去させたことになる。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。