Go to Contents Go to Navigation

開城団地の生産額 昨年20%以上増=過去最高

記事一覧 2016.01.31 09:43

開城団地の生産額 昨年20%以上増=過去最高

開城団地は普段と変わらず

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部が31日に発表した昨年1~11月の開城工業団地の生産額は5億1549万ドル(約620億円)となり、前年同期に比べ20%以上増えた。

 同団地の月間平均生産額が5000万ドルであることを踏まえれば、昨年全体の生産額は5億6000万ドルになるとみられる。年間生産額が5億ドルを超えるのは同団地の稼動を始めた2004年以来初めて。

 統一部当局者は「昨年8月に北側による砲撃挑発などの事件があったにもかかわらず、開城団地の生産額は前年比20%以上増加し、安定した成長を続けている」と述べた。

 開城団地の生産額は2010年に3億2332万ドル、2011年に4億185万ドル、2012年に4億6950万ドルと増加傾向にあったが、2013年には北朝鮮が労働者全員を撤収させる措置を行い、134日間操業が中断して2億2378万ドルに急減。2014年には4億6997万ドルに回復していた。

 開城団地には昨年11月末現在、5万4763人の北朝鮮側労働者と、803人の韓国側労働者が勤務している。

 今年1月には北朝鮮が4回目の核実験を行ったが、韓国政府は同団地の運営を維持するとの方針を示している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。