Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮機関紙 韓国のTHAAD正式協議を非難

記事一覧 2016.02.10 16:52

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題について韓米が協議することを正式決定したことを受け、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は10日、THAADの韓国配備問題は米国をはじめとする帝国主義勢力による北朝鮮圧殺策動の延長だとした上で、南北関係の悪化をさらに深刻化させ、核戦争の危険を高める容認できない反民族的、反統一的犯罪行為と主張した。

 また韓国政府が内外からの度重なる警告を無視し、外国勢力と協調してTHAAD配備を目指すのであれば、破滅するしかないと威嚇した。

 さらに、「民族の尊厳と国の自主権を守るための国防力強化は主権国家の合法的権利」とした上で、侵略を目的とした核戦争の挑発に対処し、自衛のため戦争抑止力をさらに固めていくと強調した。

 これまで同紙はTHAADの韓国配備問題について、主に米国を非難していたが、韓国政府が米国との協議を正式決定したことを受け、非難の対象を広げたものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。