Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍へのTHAAD配備 国防部「韓国防衛のため」

記事一覧 2016.02.16 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は16日の定例記者会見で、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が在韓米軍に配備された場合の軍事的効用性の基準を問われ、「韓国防衛のための軍事的効用性と理解すればよい」と答えた。

 国防部は、韓米両国がTHAADの在韓米軍配備を議論する際に軍事的効用性を優先的に考慮するとの立場だ。

 文報道官は「THAADの在韓米軍配備は韓米相互防衛条約に基づくもの」としながら、韓米同盟の効用性という面からすべての問題を把握し、措置を取ると強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。