Go to Contents Go to Navigation

韓国・ハンファ系列社 日本企業に太陽電池モジュール供給

記事一覧 2016.02.17 11:03

【ソウル聯合ニュース】韓国財閥ハンファグループの太陽光関連企業、ハンファQセルズは17日、佐賀相知ソーラー(佐賀県唐津市)に太陽電池モジュールを供給することを明らかにした。

 佐賀相知ソーラーは伊藤忠商事と九電工の合弁会社で、佐賀県最大となる出力21メガワット(MW)の太陽光発電所を2018年に稼動する予定だ。年間発電量は一般家庭約4200世帯分の消費電力に相当し、年間1万4500トンの二酸化炭素削減も期待される。

 ハンファQセルズジャパン(東京都港区)の金鍾瑞(キム・ジョンソ)社長によると、ハンファQセルズの日本への太陽電池モジュール供給は2015年末時点で累計2ギガワット(GW)に達した。金氏は「高効率製品と厳格な品質保証、日本全域に迅速に対応する販売インフラを基に、太陽電池モジュール事業の成長を加速させる」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。