Go to Contents Go to Navigation

水泳連盟を家宅捜索 補助金の不正流用疑惑=韓国地検

記事一覧 2016.02.17 16:02

【ソウル聯合ニュース】大韓水泳連盟が国からの補助金の一部を流用し事業を不適切に実施した疑惑を受け、ソウル中央地検は17日、同連盟や江原水泳連盟など約20カ所を家宅捜索した。また、大韓水泳連盟幹部らを逮捕し取り調べを行っている。

 これに先立ち、文化体育観光部は同連盟幹部の不正事実を摘発し、補助金の支給を中断すると明らかにした。

 今回の同連盟への家宅捜索を機に、検察の捜査は同連盟が所属する大韓体育会の別の団体にも拡大する可能性が出ている。

 既に同部は、練習費や手当ての横領が明らかになった大韓射撃連盟や大韓乗馬協会などへの補助金支給を中断した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。