Go to Contents Go to Navigation

韓国産業相が外国人投資企業と懇談会 「北リスク払拭に努力」

記事一覧 2016.02.18 08:59

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の周亨煥(チュ・ヒョンファン)長官は18日、ソウル市内のホテルで開かれた外国人投資企業との懇談会で、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射などに言及した上で、「外国人投資政策の最優先目標は投資を遮る障害を解消することだ」としながら「北に関連するリスクが外国人による投資のネックにならないよう、正確な情報を速かに提供し、不必要な誤解が生じないようにする」との考えを明らかにした。

 昨年、外国人が韓国で直接投資した規模(申告額ベース)は209億1000万ドル(約2兆3877億円)で前年比10.0%増加し、過去最高となった。

 周長官は外国人投資が2年連続で過去最高を更新したことに謝意を示し、「最近の難しい状況にもかかわらず、韓国は今も魅力的な投資先」と強調。その上で、全世界の市場の4分の3に上る自由貿易協定(FTA)のネットワークなど韓国市場の強みを説明した。

 また「今年も200億ドルを超える外国人投資を望む。韓国製素材部品の調達拡大、韓国製消費財のグローバルオンラインモール入店拡大など、外国人投資企業の共生の努力も必要だ」と強調した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。