Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相「開城団地資金で北が核・ミサイル開発」

記事一覧 2016.02.18 14:20

韓国統一相「開城団地資金で北が核・ミサイル開発」

村山元首相も出席

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の洪容杓(ホン・ヨンピョ)長官は18日、南北経済協力事業である開城工業団地の北朝鮮労働者の賃金として支給された資金が核やミサイル開発に使われたとする従来の見解をあらためて示した。

韓国閣僚 再び板門店へ
疲れた表情の統一部長官
開城工業団地製品を販売

 洪長官は国会で与党議員に団地の賃金が北朝鮮の大量破壊兵器開発に使用されたのは間違いないかと問われ、「米ドルで支給された賃金の7割が朝鮮労働党の書記室と39号室に入ったことを把握し、これが核やミサイル、治績事業に使われたと承知している」と答えた。

 また、団地の操業を中断させたことについて、北朝鮮に対する重要で意味のある制裁効果になり得るとしながら、「北に悪用される資金を遮断して圧力を加える。国際社会に韓国政府の意思を示したものだ」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。