Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者支援団体の代表 韓日合意を「暴力」と批判

記事一覧 2016.02.19 17:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の慰安婦被害者支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は19日、ソウル市内の同団体事務所で記者団に対し、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意について、一番に反映されるべき被害者中心の解決方法が無視されたと批判した。

 また、まだ真実が明らかになっていない問題があるにもかかわらず、韓日合意が最終的かつ不可逆的な解決を宣言するのは「暴力」と主張した。

 尹氏は「戦場に連れて行かれた数多くの女性がまだ失踪状態」とした上で、韓日両国が国際社会で相手国の批判をしないと約束したことは被害者にとって障壁になると指摘した。    

 さらに、被害者の個人の意志を最後まで尊重するとした上で、「(被害者の意見を)一つにまとめるために意図的に努力するのは不可能であり、私たちの役割は最大限、今回の問題点を伝えること」と強調した。

 挺対協は米ワシントンで開かれる核安全保障サミットに合わせ、来月中に米国を訪問する。現地でキャンペーンを展開し、韓日合意の問題点を指摘する書簡を国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長に渡す計画という。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。