Go to Contents Go to Navigation

立教大で詩人・尹東柱しのぶイベント 300人参加

記事一覧 2016.02.22 09:37

【東京聯合ニュース】韓国で国民的な人気を誇る詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~1945年)をしのぶ行事が21日、東京・池袋の立教大で開かれた。

 「詩人尹東柱を記念する立教の会」が尹東柱の命日に合わせて実施している行事で、今年9回目。市民ら約300人が韓国語と日本語で尹東柱の代表的な作品「序詩」などを朗読したほか、独協大の沈元燮(シム・ウォンソブ)特任教授(韓国近代文学)が「青年尹東柱の内面の闘いの記録」と題し講演を行った。

 沈教授は尹東柱の詩について、純朴な作風でよく知られるが、意外にも暗くて憂うつさを感じさせるものも多いと指摘。その上で、他人に寛大で自分には厳しかった尹東柱を「超自我が発達した代わりに、自身の苦悩を処理することに未熟な、若きキリスト教信者だった」と評した。

 尹東柱は1942年に朝鮮半島から日本に留学し、立教大で学んだ。その後、編入した同志社大に在学中、ハングルで詩をつくったとして治安維持法違反の疑いで逮捕され、45年2月16日に福岡刑務所で27歳の若さで獄死した。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。