Go to Contents Go to Navigation

韓米連合司令官「1週間内にTHAAD共同実務団初会議」

記事一覧 2016.02.25 10:07

【ワシントン聯合ニュース】スカパロッティ韓米連合司令官(在韓米軍司令官兼務)は24日(米東部時間)、米下院軍事委員会の聴聞会に出席し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備問題に関連し、「(韓米)両国の共同実務団が今後1週間以内に初会合を行う」と明らかにした。

 スカパロッティ氏はまた、「われわれはますます威力が強まり精度が高まっている北の弾道ミサイルの脅威を認識している。そうした状況で朝鮮半島へのTHAAD配備を議論することは極めて重要だ」としながら、THAAD配備の必要性を強調した。

 さらに、THAADを韓国のどこに配備するかによってその効用性は違ってくるとした上で、「最適な配備場所を探すには時間がかかる」と説明した。

 THAAD配備をめぐるスケジュールについて問われると、「比較的早い時期に提示できるだろう」と答えた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。