Go to Contents Go to Navigation

安保理制裁 「北の外貨収入に大きな支障」=韓国統一部

記事一覧 2016.02.26 12:37

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は26日の定例会見で、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する制裁措置として、北朝鮮との鉱物資源の取引禁止を進めていることについて、「それが事実なら(北朝鮮の)外貨収入に大きな支障が出るだろう」との見方を示した。

 鄭氏は「北の輸出額に占める鉱物の割合は40%を超えるとされる」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。