Go to Contents Go to Navigation

6カ国協議韓国代表「中国が安保理制裁の履行表明」

記事一覧 2016.02.28 20:58

6カ国協議韓国代表「中国が安保理制裁の履行表明」

6カ国協議の韓中代表が会談

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表を務める黄浚局(ファン・ジュングク)朝鮮半島平和交渉本部長と中国首席代表の武大偉朝鮮半島問題特別代表が28日、ソウルの外交部で会談した。

 黄氏は会談終了後、記者団に対し「中国が国連安全保障理事会で採択される新たな(北朝鮮制裁)決議案を全面的に履行すると明らかにした」と伝えた。

 韓国側は会談で、これまでにない強力な内容が盛り込まれた安保理決議案が実際に効果を発揮するためには北朝鮮の最大の貿易相手国である中国の徹底的な履行が必要だと強調したという。

 黄氏は「両国は国際社会とともに安保理決議を全面的に履行することで、北に国際社会では核を開発しても出口がないことを明確に認識させ、北の考えと行動が質的に変化しなければならないとの意見で一致した」と述べた。

 また、今こそ北朝鮮問題の意味ある転換点にあるという認識を共有した上で、「北を除く6カ国協議参加国の協力が重要であり、韓中が戦略的協議を引き続き強化していくことにした」と説明した。

 一方、武氏は会談後、記者団に対し「双方は安保理で新たな北朝鮮制裁決議案が採択されることを支持することにした。共同の努力を通じ朝鮮半島の平和と安定を守ることで一致した」と述べた。相互が関心を持つ問題についても虚心坦懐(たんかい)に意見を交換したと語った。

 中国側は対話再開の必要性を強調しながら、北朝鮮が求めている朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換するための議論と非核化を並行する必要があるとの立場をあらためて示したとみられる。

 しかし、黄氏は、会談で対話再開や平和協定問題について協議したかとの質問に対し「安保理決議案採択後の局面展開について多様な意見を交換し、今後も協議を続けることにした」と答えるにとどめた。

 中国側は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍配備問題に反対の立場を再度表明するとみられたが、会談では言及しなかったという。

 武氏は29日に尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と会談する。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。