Go to Contents Go to Navigation

昨年のモバイル広告市場 前年比52.6%増=韓国

記事一覧 2016.03.02 14:42

【ソウル聯合ニュース】昨年の韓国国内の広告費は計10兆7270億ウォン(約9900億円)で前年比6.2%増加した。サムスングループの広告代理店、第一企画が29日までに伝えた。

 前年比0.6%増にとどまった2014年の反動に加え、政府の景気てこ入れ策が広告費増加を後押ししたとみられる。特にモバイル広告は10年の集計開始以来、初めて1兆ウォンを超え前年比52.6%増の1兆2802億ウォンを記録した。

 地上波テレビは前年比0.2%減の1兆9702億ウォンだった。一方、ケーブルテレビは良質のコンテンツを打ち出したことで同16.7%増の1兆7768億ウォンと集計された。

 IPテレビは26.0%増の801億ウォン。IPテレビの広告は加入者数やビデオ・オン・デマンド(VOD)視聴の増加などで毎年成長傾向にある。

 新聞は0.5%増の1兆5011億ウォンだった。雑誌は4167億ウォンで4.8%減少した。

 パソコンの広告市場は7.8%減の1兆7216億ウォンだった。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。