Go to Contents Go to Navigation

韓国 「グーグル税」導入本格化=多国籍企業の課税逃れ防げ

記事一覧 2016.03.02 16:52

【世宗聯合ニュース】多国籍企業の課税逃れを防ぐための協力体制構築に向け、韓国も本格的に動き出した。

 韓国企画財政部は2日、経済団体の全国経済人連合会、韓国租税財政研究院(KIPF、世宗市)と共同で、KIPF内に「BEPS(税源浸食と利益移転)対応支援センター」を設立し、運営を開始すると発表した。

 20カ国・地域(G20)が昨年の会議で、多国籍企業が節税のため税率の低い国に利益を移すBEPS問題に対する共同対応を決めたことを受けたもの。

 これまで、アマゾンやアップル、フェイスブック、グーグル、スターバックスなどの多国籍企業の多くが税率の高い国で利益を出し、低い国にこれを移す手法で課税を逃れているとの指摘を受けてきた。

 BEPSによるグローバルでの法人税収の逸失は、毎年の世界法人税収の4~10%、2014年基準で1000億~2400億ドル(約11兆4000億~27兆3000億円)に達すると試算されている。

 新設されたセンターはBEPSに関する国際動向の把握、企業対象の説明会開催や意見の取りまとめといった支援策を担う。今月中に企業のBEPS対応実態についてアンケートを実施し、これを基に具体的な支援策を講じる。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。