Go to Contents Go to Navigation

現代自動車の2月販売 前年同月比6.6%減

記事一覧 2016.03.02 17:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は2日、国内と海外を合わせた2月の総販売台数が前年同月比6.6%減の33万6200台だったと発表した。

 国内販売は4万8844台で同4.2%増加した。7932台が売れた小型セダン「アバンテ」が売り上げをけん引した。中型セダン「ソナタ」は5916台(ハイブリッドモデル591台を含む)、大型セダン「グレンジャー」は3876台(ハイブリッドモデル545台を含む)だった。

 韓国初のエコカー専用車「アイオニック」(IONIQ)のハイブリッド車(HV)は1311台が売れ、国内HV市場トップに立った。

 高級車ブランド「ジェネシス」は、大型セダン「EQ900」(海外名「G90」)が2476台売れるなど、計5179台を販売した。

 多目的レジャー車(RV)は同38.6%増の1万549台を記録。スポーツタイプ多目的車(SUV)の「サンタフェ」が5985台、「ツーソン」が3813台などだった。

 海外販売は同8.2%減の28万7356台だった。国内工場からの輸出分が6万6548台、海外工場での生産分が22万808台。中国やブラジルなど新興国の景気減速の影響で販売が減少した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。