Go to Contents Go to Navigation

ハンファQセルズ 東京で太陽光発電展示会に参加

記事一覧 2016.03.02 19:31

【ソウル聯合ニュース】韓国財閥ハンファグループの太陽光関連企業、ハンファQセルズは2日、東京ビッグサイトで開催される「PV EXPO 2016~第9回[国際]太陽電池展~」(2~4日)に出展すると明らかにした。

 同社は今回の展示会でQ.ANTUMテクノロジーを用いた多結晶モジュールのほか、太陽光発電パネルの単結晶Q.PEAKシリーズを出品する。

 同シリーズは305Wp(60セル)までの電気を生産できる業界最高効率のモジュールとして評価されている。

 また、G2G(Glass-Glass)モジュールを初めて披露する。同製品は従来のバックシートを使用せずガラスを使い耐久性を高めた。

 同社は「市場の変化に対応するため日本の住宅用市場を優先的に攻略していく」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。