Go to Contents Go to Navigation

[芸能]ドラマ「太陽の後裔」 視聴率右肩上がりで大ブレーク

記事一覧 2016.03.03 15:58
俳優ソン・ジュンギ

【ソウル聯合ニュース】俳優のソン・ジュンギと女優のソン・ヘギョが主演するドラマ「太陽の後裔(こうえい)」(原題)が韓国のお茶の間を沸かせている。

俳優ソン・ジュンギ

 KBS第2で先月24日に放送がスタートしたばかりだが既に視聴率が20%を超え、圧倒的な存在感を放っている。

 今月2日に放送された第3話の視聴率は全国で23.4%、首都圏で24.6%、ソウルで25.8%をたたき出した。15%前後を記録した初回と第2話からさらに勢いを増している。

 同じ時間帯に放送されたSBSの「帰ってきて、おじさん」(原題)の視聴率が5.2%、MBCの「もう一度ハッピーエンディング」(原題)が3.8%だったことからも分かるように、最近は地上波放送局のドラマの視聴率が5%前後にとどまることも珍しくない。

女優ソン・ヘギョ

 こうした状況の中で高視聴率を記録している「太陽の後裔」はブームを巻き起こしているといえる。ここ2年間、平日のドラマ視聴率が10%を割り込み低空飛行が続いていたKBSにとっては「大当たり」の作品となった。

 同作品は制作費120億ウォン(約11億2000万円)規模の大作で、放送前に撮影と編集を終えた「事前制作」ドラマ。

 中央アジアの架空の国を舞台に、災害の現場で他人のために献身する陸軍特殊戦司令部大尉のユ・シジンと医師カン・モヨンの美しいラブストーリーを描いている。ソン・ジュンギとソン・ヘギョが演じる主役2人が織り成す恋模様が人気を集めている理由だ。

女優ソン・ヘギョ

 また、昨年5月に兵役を終えたソン・ジュンギにとって同作品は除隊後の復帰作。ソフトなカリスマと成熟した演技に加え、シジンの軍人としての男らしさが女性視聴者をとりこにしている。

 ソン・ヘギョの美貌と存在感もドラマを支える柱であり、ソン・ジュンギと一緒に登場するシーンは熱狂的な反響を呼んでいる。

 KBS関係者は「回を重ねるごとに面白くなる。制作陣は1、2話が最もつまらないと評価しているほどだ」と話している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。