Go to Contents Go to Navigation

エジプト事業への韓国企業参加を推進 両国首脳が一致

記事一覧 2016.03.03 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は3日、青瓦台(大統領府)で来韓中のエジプト・シシ大統領と首脳会談を行い、最大36億ドル(約4110億円)に上るエジプトのインフラ事業への韓国企業の参加を推進することで一致し、了解覚書(MOU)を締結した。

 エジプト国防省が今年入札公告を出す7億5000万~8億5000万ドル規模の海水淡水化プロジェクトの入札に韓国企業が参加することになったほか、25億ドル規模のカイロ地下鉄5号線事業への韓国企業の参加も推進される。

 また両国は今回の首脳会談で締結した「対外経済協力基金(EDCF)借款に関する基本協定」を基に、エジプトの鉄道システム現代化事業を行うことで合意した。

 こうした大型インフラ事業に対する韓国企業の受注を支援するため、両国は計30億ドル規模の「金融協力了解覚書」を締結した。

 併せて、両国は朴大統領が提案してきたグリーン気候基金(GCF、本部・仁川)の事業モデルを土台に、太陽光発電事業や廃棄物エネルギー事業をGCFとEDCFの共同事業として推進することで一致した。

 さらに、両国首脳はエジプトが新たな原発建設計画を具体化した場合、韓国企業の参加を積極的に検討することを取り決めた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。