Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「さまざまな方策を検討中」 対北朝鮮独自制裁

記事一覧 2016.03.04 11:43

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は4日の定例記者会見で韓国政府の北朝鮮に対する独自制裁について「実質的な措置が何か考え、さまざまな方策について検討している」と明らかにした。

 また、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が朴槿恵(パク・クネ)大統領を名指しで非難したことについて「異例であり初めてのことだと思われる」と述べた。

 北朝鮮が朴大統領への非難を強めていることについても「北はわれわれの(国家)元首を低俗な言葉で誹謗(ひぼう)する旧態依然の姿勢をあらため南北関係の発展に寄与する姿勢を取るべきだ」と指摘した。

 さらに、金第1書記が核弾頭を打つ準備をするよう指示したとされることについて、「北に対する国連の制裁が採択された局面で彼らなりの意思、対抗意識を表明したものであり、また体制の結束のための発言だと考えている」とした。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。