Go to Contents Go to Navigation

ロッテ経営権争い 次男がまた勝利=臨時株主総会

記事一覧 2016.03.06 10:22

【東京聯合ニュース】ロッテホールディングス(HD、本社・東京)前副会長でロッテ創業者長男の辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)氏と、創業者次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長の経営権争いで、弟の東彬氏が再び勝利した。

 ロッテHDは6日午前、東京本社で臨時株主総会を開き、東主氏が提案した東彬氏の解任などの案件を否決した。

 これに伴い、ロッテグループで東彬氏の存在感は一層高まる見通しだ。

 今回の株主総会は東主氏が先月16日に開催を求めた。東主氏は自身の取締役選任、東彬氏ら現在の取締役7人の解任などを案件として提案した。

 東主氏は昨年1月に取締役を解任されており、同8月の株主総会で東彬氏ら現経営陣に不信任を突き付けた。だが、東彬氏ら現経営陣は株主の過半数の信任を得て、経営権争いで勝利していた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。