Go to Contents Go to Navigation

黄禹錫氏のクローン犬 救助犬として捜索訓練=韓国

記事一覧 2016.03.07 09:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の研究者、黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大教授が作製したクローン犬が山岳救助訓練を行う。

 国民安全処の中央119救助本部が韓国南部の智異山で11日まで、地元の119特殊救助隊、消防本部と共に人命救助犬の現場適応訓練を実施する。訪問客が増える春の智異山で行方不明者が発生したと想定し、人命救助犬6匹と訓練中の8匹が捜索訓練に参加する。

 このうち、中央119救助本部のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの雄「タソル」と全羅南道消防本部のジャーマン・シェパードの雄「ナラ」は黄氏が寄贈したクローン犬だ。

 これまでに黄氏のクローン犬3匹が救助犬となっている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。