Go to Contents Go to Navigation

韓国新卒社員の年収は? 大企業が中小企業大きく上回る

記事一覧 2016.03.07 10:36

【ソウル聯合ニュース】今年、韓国の大卒新入社員の年収は大企業が3893万ウォン(約368万円)、中小企業が2455万ウォンと集計された。中小企業は大企業の63.1%にとどまる。

 求人情報サイトのジョブコリアが7日、企業301社の4年制大卒新入社員の年収(基本賞与含む)調査結果を発表した。全体の平均は3228万ウォンで、前年の調査に比べ5.9%増加した。 

 大企業の大卒新入社員は平均3893万ウォン、公営企業は3288万ウォン、外資系企業は3277万ウォンの年収を受け取る。大企業が3.2%増加するなど、いずれも昨年より増えた。

 一方、中小企業だけは前年比1.4%減の2455万ウォンにとどまった。中小企業は大企業に比べ1438万ウォン少なく、その差は昨年(1283万ウォン)より広がった。

 大企業を業種別にみると、自動車運輸の新卒年収が4289万ウォンで最も高い。次いで金融が4225万ウォン、建設が4167万ウォン、機械・鉄鋼が3981万ウォン、IT・電気電子が3951万ウォンの順だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。