Go to Contents Go to Navigation

2月の韓国輸入車登録台数 前月に続き減少

記事一覧 2016.03.07 10:50

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)は7日、2月の輸入車の新規登録台数は前年同月比6.5%減の1万5671台と集計されたと発表した。前月比も3.5%減少した。

 輸入車は昨年まで売れ行きが好調だったが、最近は低調だ。1~2月の新規登録は累計3万1905台で前年同期に比べ13%減少した。

 2月の登録台数をメーカー・ブランド別にみると、メルセデス・ベンツが3787台でトップ。BMWが2916台、フォルクスワーゲン(VW)が2196台、アウディが984台だった。欧州車が1万2313台を占めた。日本車は2217台、米国車は1141台。

 2月のベストセラーモデルはVWの「ティグアン2.0 TDI ブルーモーション」(873台)で、メルセデス・ベンツ「E220 ブルーテック」(768台)が続いた。

 輸入自動車協会は「2月は旧正月連休により営業日数が減り、一部のブランドも品薄だったため、前月を下回った」と説明した。一方、ある輸入車ディーラーは「昨年後半に発覚したVWの(排ガス規制逃れ)問題が今年も続いている上、最近輸入車が走行中に出火するケースが相次ぎ、輸入車に対する信頼が全般的に低下している」と指摘した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。