Go to Contents Go to Navigation

米原子力空母が13日に釜山に入港 韓米軍事演習に参加

記事一覧 2016.03.07 11:06

【ソウル聯合ニュース】韓米連合司令部は7日、米国の原子力空母ジョン・C・ステニスがこの日から始まった韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」に参加するため、13日に釜山港に入港すると明らかにした。

 ジョン・C・ステニスは米海軍のホーネット戦闘攻撃機やプラウラー電子作戦機などを搭載している。1993年に就役し二つの原子炉を稼動させ時速56キロで航行する。乗組員は約6500人。

 ジョン・C・ステニスを母艦とする空母強襲団は第9航空団、第21駆逐艦戦隊、駆逐艦「ストックデール」や巡洋艦などから成る。強襲団は約7000人の海軍兵士で構成されている。

 同司令部は「空母強襲団は普段、作戦実行における技術的、作戦手順や代替燃料を使用する方法を含む効率的なエネルギー使用方策を模索する」とした上で、インド洋、アジア・太平洋地域で定期的に展開していると説明した。

 空母強襲団は釜山寄港の間、韓国海軍と共に文化行事にも参加する予定だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。