Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 北朝鮮に寄港した第三国船の領海接近遮断を検討か

記事一覧 2016.03.08 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局は北朝鮮に寄港後、韓国の領海に接近する第三国船籍を遮断する軍事的措置を検討しているもようだ。軍関係者が8日伝えた。

 同関係者は「国連安全保障理事会の対北制裁決議と韓国政府の独自制裁に伴い、北に寄港した第三国船籍が韓国の領海に入るのを遮断する作戦を検討している」と話した。その上で、韓国政府が独自の対北朝鮮海運制裁を発表した後、すぐに施行すると説明した。

 韓国政府は対北朝鮮追加制裁方策の一つとして、180日以内に北朝鮮に寄港した第三国船籍の韓国入港を禁じる海運制裁を取るとされる。

 軍当局は遠距離レーダーで北朝鮮を出入する第三国船籍を厳重に監視し、万が一北朝鮮に寄港した船舶が韓国領海に接近した場合、海洋警察と合同作戦を展開し当該船舶を公海上に退去させるとみられる。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。