Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜 エコカー市場で躍進=販売台数4位に

記事一覧 2016.03.08 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業研究所が8日発刊した報告書によると、現代自動車と傘下の起亜自動車は中型セダン「ソナタハイブリッド」などの好調を追い風に、米フォード・モーターを押さえ、エコカー市場で販売台数4位を記録した。

 現代・起亜は昨年、ハイブリッド車(HV)6万4383台、、電気自動車(EV)8651台、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)252台、計7万3592台を販売した。前年比では4.9%の増となる。

 現代・起亜のエコカー販売増加はEVが主導し、昨年は前年(1639台)より427.8%増加した8651台が販売された。2014年5月に発売されたクロスオーバー車「ソウル」のEVモデル「ソウルEV」が西ヨーロッパや米国などで本格的に販売されたため。

 メーカー別では、トヨタ自動車が108万2000台でトップだったが、前年比8.6%減少した。2位のホンダも同15.4%減の23万1000台、3位はルノー・日産で同14.2%減の8万1000台だった。

 昨年グローバル市場で販売されたエコカーは199万2000台で、前年比2.1%増にとどまった。

 業界では原油安でエコカーを買うメリットが薄れたことや、トヨタの「プリウス」など人気モデルが古くなったためと分析された。

 今年のエコカー市場は回復する見込みで販売台数は前年比17.8%増の234万6000台と予想された。

 「プリウス」の新モデルや現代・起亜の「アイオニック」(IONIQ)など競争力のあるモデルが登場したためだ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。