Go to Contents Go to Navigation

6カ国協議韓国代表が10日訪米 米代表と会談へ 

記事一覧 2016.03.08 16:11

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表に新たに就任した外交部の金ホン均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長(次官級)が10日から3日間の日程で訪米する。同部が8日発表した。

 金氏は11日(現地時間)に米首席代表のc国務省北朝鮮担当特別代表と会談する。

 会談では、北朝鮮の挑発の可能性など朝鮮半島情勢に関し意見を交換するほか、国連安全保障理事会の新たな制裁決議と各国の独自制裁の忠実な履行を通じ北朝鮮の行動の変化を導き出すためのさまざまな連携策や今後の主な外交日程についても協議する。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。