Go to Contents Go to Navigation

慰安婦合意の履行を 韓国国会委員長が衆議院外務委員長に書簡

記事一覧 2016.03.08 16:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会外交統一委員会の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)委員長は「国際女性デー」の8日、岸信夫・衆議院外務委員長に書簡を送り、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる両国の合意を順守するよう求めた。

 羅氏は書簡で、「日本政府は合意当時と違い、軍と官憲による慰安婦の強制連行を否定するなど慰安婦問題に対する責任から逃れようとする姿を見せている」と指摘、「日本政府の慰安婦動員の強制性否定に対する懸念と遺憾を表明する」とした。

 また、「合意には『慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やし』に関する内容が含まれている」として、「生存している44人の被害者の名誉と尊厳がまた傷つけられることは決してあってはならない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。