Go to Contents Go to Navigation

KB国民銀行 大阪支店を5月に閉鎖=東京支店と統合

記事一覧 2016.03.08 21:01

【ソウル聯合ニュース】韓国のKB国民銀行は8日、大阪支店を5月中旬に閉鎖し、東京支店に統合すると発表した。

 これで同行の日本国内の支店は東京支店のみとなる。海外ネットワークも11カ国19カ所から18カ所に減る。

 KB国民銀行は「大阪に進出する韓国企業が少なく、営業基盤が脆弱(ぜいじゃく)で、貸出金利においても日本の銀行より競争力で劣り、現地での顧客確保に限界があった」と閉鎖理由を説明した。

 同行の大阪支店は2012年8月にオープンした。14年には日本の金融庁が同行東京支店による不正融資事件を受け、東京支店とともに4カ月間の新規営業停止措置を取った。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。