Go to Contents Go to Navigation

外国人観光客に「美容整形税」を還金 4月から=韓国

記事一覧 2016.03.09 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は9日、外国人患者の美容整形付加価値税還金適用医療機関と手続き方法などを盛り込んだ特例関連告示案を行政予告し、4月1日から施行すると明らかにした。

 外国人観光客が医療法などに応じて登録された外国人患者誘致医療機関で2017年3月31日までに受けた美容整形や皮膚科施術について、「医療用役供給確認書」を医療機関から発行してもらい3カ月以内に空港などに設置された「還金窓口運営事業者」に提出すると、整形手術などに含まれた付加価値税が還金される。

 還金窓口が開設されていない空港や港から出国する場合、港内の回収箱を通じ医療用役供給確認書を提出できる。

 具体的な付加価値税還金対象は、二重、鼻、豊胸、胸の縮小、脂肪吸引、しわ取りなどの美容整形手術や美容目的の歯科矯正など。

 適用医療機関は医療機関内やホームページに美容整形付加価値税還金適用医療機関であることの掲示や、還金手続き方法の外国語表示(英語を含む)をしなければならない。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。