Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府 北サイバー攻撃に備え警戒強化

記事一覧 2016.03.09 15:18

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮によるサイバー攻撃が発生していることを受け、韓国の青瓦台(大統領府)や政府の高官らは警戒を強化している。北朝鮮によるハッキングが電子メールや携帯電話のショートメールなどを通じて行われたことから、パソコンとスマートフォンの使用にも慎重を期している。

 青瓦台の高官らは電子メールの場合、サイバーセキュリティーにより安全が確保された青瓦台アカウントのメールだけを使っている。フリーメールもあるが、使っていないという。1月に、公共機関や研究機関に大量のウイルスメールが送られた事件の発生後、青瓦台職員にはフリーメールの使用注意を呼びかける指示が出された。

 携帯電話のショートメールは北朝鮮がハッキングのためにウイルスを送る手段として使っているとみられることから、携帯電話の使用にも注意している。

 青瓦台関係者は「サイバーセキュリティーを維持している」として、「厳しい状況のため、内部的に(セキュリティーを)さらに強化し、必要な措置を取っている」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。