Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者 ワシントンの日本大使館前で謝罪要求

記事一覧 2016.03.10 08:45

慰安婦被害者 ワシントンの日本大使館前で謝罪要求

少女像そばでのテント設置を不許可

【ニューヨーク、ワシントン聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者で米国を訪れている韓国人女性の吉元玉(キル・ウォンオク)さんが9日(米東部時間)、ワシントンの日本大使館前で開かれた「水曜集会」に参加し、慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求めた。

「慰安婦合意は無効」

 水曜集会は韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)が慰安婦問題の解決を求めソウルの日本大使館前で毎週水曜日に開催している集会だ。在米日本大使館で開催されるのは昨年7月以来、2回目となる。

慰安婦被害者 韓日合意の無効訴えに日本へ

 吉さんは「過ちを悟ったなら、謝罪し賠償するのが原則だ」と訴え、日本政府がひざまずき被害者に謝罪する時がくるものと信じるとした。

「水曜集会」 24周年に

 集会に参加した挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は、韓国政府と日本政府が昨年末に慰安婦問題をめぐり合意した後も、日本政府は被害者らの名誉を傷つける妄言を繰り返していると批判。「韓日両国の政府は常識的、合法的に慰安婦問題を解決し、日本政府は国の法的な責任を認め謝罪せよ」という内容の声明を読み上げた後、抗議の書簡を日本大使館に渡した。

 一方、ニューヨークを訪問中の慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんは9日午前にニューヨーク市立大クイーンズ校のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)センターで、ホロコーストの生存者や学生らと懇談した。李さんは韓日政府の合意を批判し、日本政府の公式謝罪と法的な賠償を促したとされる。午後はニュージャージー州ハッケンサックにある慰安婦の慰霊碑を参拝した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。