Go to Contents Go to Navigation

人工知能の囲碁は反則 1カ月前にプロ敗北予想=韓国弁護士

記事一覧 2016.03.11 11:29

人工知能の囲碁は反則 1カ月前にプロ敗北予想=韓国弁護士

人工知能に2連敗

【ソウル聯合ニュース】韓国トップのプロ囲碁棋士、李世ドル(イ・セドル)九段と米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」の対局について、韓国のIT専門弁護士が対局の1カ月前に、最初から不公正なゲームだとして李九段の敗北を予測していたことが分かった。

今日の勝者は?

 李九段とアルファ碁の全5戦の対局は、9日にソウルで始まった。10日までにアルファ碁が2連勝している。

小劇場で対局観戦

 法律事務所ハンオルの田石鎮(チョン・ソクジン)弁護士は2月9日にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、グーグルが推進した今回の対局を「希代の詐欺劇」と主張。李九段の敗北を予想した。

 田氏は、光ケーブルでインターネットにつながれたアルファ碁はグーグルのクラウドのコンピューター資源を無限に使用できると説明する。アルファ碁は学習により相手の手を予測して打つのではなく、取られた手をみて次の一手を計算するので真の意味で人工知能ではないと指摘した。具体的に、グーグルはあらゆるパターンの手を探索するアルゴリズム、ブルートフォースをアルファ碁に使わないと言い切ったが、ブルートフォースを使うほかのプログラムがアルファ碁への助言の役割をしており、100%勝利するしかなく、これは反則だと主張した。

いよいよ明日対局

 また、いくらでも他のコンピューターを動員できるアルファ碁に対し、一人で打つ李九段は時間制限による不利も大きく、不公正だとした。

 田氏は「グーグルは囲碁を局面の無限の組み合わせ計算によるゲームと考え、とんでもない方法で囲碁をする人々を驚かそうとした」「アルファ碁は囲碁の原理をマスターしていない」などと批判。囲碁のルールを破ってでも勝とうとしたこと自体を李九段に謝罪し、囲碁をする世界中の人々にも、歴史ある立派なゲームの囲碁を侮辱したことを謝罪すべきだとした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。