Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 金第1書記の核発言を「軽挙妄動」と批判

記事一覧 2016.03.11 11:49

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は11日の定例会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記による相次ぐ「核威嚇」発言に対し、「一言で(言えば)世間知らずの軽挙妄動」と批判した。

 また、韓国政府は北朝鮮のあらゆる挑発に直ちに対応できる態勢を備えていると強調した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日、金第1書記が弾道ロケット発射訓練を視察したと伝えた。「核弾頭の適用手段の多角化を力強く推し進め、地上と空中、海上、水中の任意の空間でも敵に核攻撃を加えられるよう準備すべきだ」と指示したという。訓練の日付は明らかにされていないが、10日の短距離弾道ミサイル発射を指すものとみられる。

 金第1書記は9日にも、核兵器研究部門の科学者や技術者らに核兵器の兵器化事業を指導した際に「核弾頭を軽量化し、弾道ロケットに合わせた標準化、規格化を実現した」と述べたほか、3日に新型ロケット弾の発射テストを現地指導した際にも「実戦配備した核弾頭を任意の瞬間に打てるよう常に準備すべきだ」と発言した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。