Go to Contents Go to Navigation

慰安婦描いた韓国映画「鬼郷」 観客300万人突破目前

記事一覧 2016.03.11 15:48

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍による慰安婦被害者のつらい人生を描いた韓国映画「鬼郷」(原題)が、観客300万人突破を目前にしている。

 韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、同作は公開初日の先月24日から今月10日までに累計観客数285万5771人を記録した。今週末には300万人を超えると見込まれる。

 同作は被害者の証言を基に製作された。国民の寄付や俳優らの助力を得て、製作開始から14年を経て撮影を終えた。

 当初は上映館探しに苦労したものの、上映館を増やすよう求める声がインターネット上で強まったことから、CGVやロッテシネマ、メガボックスなどの大手が上映を決めた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。